社員紹介写真1
About our staffs 02
KITAGAWA SHOICHI
北川 翔一

経営もできる、そんなエンジニアを目指しています

高校生の頃、私はレンタルビデオ屋でアルバイトをしていて映画を観る機会が多くありました。中でも、SF映画が特に好きで、その影響により「エンジニア = カッコイイ職業」という価値観を抱くようになりました。そのうちエンジニアになることが目標になり、コンピューターを専門的に扱っている大学に進学しました。

2017年に大学を卒業後、技術系の人材派遣会社に新卒入社。約2年間、C言語での開発を経験しました。ただ、常時客先で作業をしてく中で、自分が今の会社に必要な人間なのか分からなくなり退社を決意。

自分も会社も一緒に成長できる場を提供してくれる、そんな会社を求めていた時に出会ったのが「ゼロベースファクト」です。「ゼロベースファクト」では会社の経営にも携わることが出来るという所がとても魅力的でした。

「ゼロベースファクト」に入社後、実際に経営にも携わらせてもらっています。貴重な経験を積ませて頂き、日々、成長していると感じています。自分が会社に必要だということも実感でき、楽しく仕事ができるようになりました。今の目標は、経営もできる唯一無二なエンジニアになりたいと思っています。

社員紹介写真2

経営の仕事

前職ではプログラミングをしてモノを作るのが仕事でした。そのため、経営の仕事は何をすればいいのかイメージもつかない状態からのスタートでした。

「会社の経営はこういう風に成り立っているんだよ」と色々と仕事内容を教えて頂きました。

細かな事務作業や営業、採用活動など多岐にわたり、会社を経営していく大変さや難しさなどを実感しました。

ただ、実際に経営の仕事に携わらせて頂くことで、今まで知らなかったお金の動きや企業同士の繋がり方などを深く知ることができ、働くということへの考え方を改めて考える良い機会になったと思っています。

社員紹介写真3

採用の難しさを痛感

経営の仕事の中でも、採用活動についてはかなり深く関わらさせてもらっています。

Web媒体を用いた採用を行うときには、求人募集の作成や求職者とのやり取りなどをしています。

実際に自分で作成した募集に応募が届いたときにはとても嬉しかったのを覚えています。数名の方とは実際に直接会って面談などもさせていただきました。

面談や面接を行う機会は幾度かありましたが、する側になったことは無いため色々と苦労しました。特に遠回しに相手の本心を引き出す質問がなかなか上手くできませんでした。

ただ、回数をこなしていくと共に難しさはあまり感じなくなっていきました。結果、2019年には2名の方を新しく迎え入れることができて、とても満足しています。

現在も募集自体は継続して行っています。ただ、応募が伸び悩んでおり、募集記事のタイトルを変えたり、別の媒体を活用したり試行錯誤をしてる状態です。

社員紹介写真4

今後の目標

まずは人材の確保に力を注いでいくつもりです。現状、社員を4人まで増やすことが出来ましたが、まだまだ会社としては規模が小さいことに変わりありません。

なので、これからも積極的に人材募集は行っていきます。

また、現段階で一番求めている人材は経験者です。私自身もそうですが、経験が浅い社員の比率が多くなってしまったので、経験者を採用しチームのバランスを整えたいと考えています。

エンジニア経験のある方で、チームリーダーをやりたい方。会社の経営に携わってみたい方。スタートアップの会社で働きたいという方。また、未経験だけど一緒に働きたいという方。等々、少しでも興味があればご連絡下さい。まずは、お話をしましょう。

※2020年4月時点の情報です。

Other staffs